写真で見る鳥飼小学校の歴史

協力:国際総合企画(株)および 冊子「とりかい100年の歩み」

  空から見た鳥飼小学校の周辺
 
1947(昭和22)年
左上が安威川、右下が淀川
中央やや右に、鳥飼小学校が見えます
1961(昭和36)年 1964(昭和39)年
この年に東海道新幹線が開通
安威川の南側に新幹線鳥飼基地が見えます
 
1971(昭和46)年 1978(昭和53)年11月
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   2003(平成15)年6月撮影の画像に変わります
1983(昭和58)年11月
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   1993(平成5)年11月撮影の画像に変わります



 空から見た鳥飼小学校の全景
 
1957(昭和32)年頃
右側の道路は、現在の正門前の道路です
1968(昭和43)年12月
この頃は、今の職員室や第2図書室がある建物だけが鉄筋校舎です
 
1983(昭和58)年11月
運動場の南側(画像の左)だけでなく、プールと校舎の間にも木造校舎がありました
1993(平成5)年11月 2003(平成15)年6月



 鳥飼小学校の校舎
 
1914(大正3)年3月
明治後期から大正にかけて、鳥飼小学校はこのような様子だったようです
1923(大正12)年6月
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   2006(平成18)年12月撮影の画像に変わります
1930(昭和5)年3月
右の2階建ての建物は、鳥飼村役場
 
1974(昭和49)年2月
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   2006(平成18)年11月撮影の画像に変わります
1972(昭和47)年頃
現在の砂場やブランコの辺りにあった木造の南校舎。
大きな木は今の学童室入り口前にあったクスノキ(右の画像)
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   2006(平成18)年12月撮影の画像に変わります
運動場にこんな大きなクスノキがありました
   画像にマウスカーソルを合わせると、
   2006(平成18)年11月撮影の画像に変わります